Menu

国内と海外FXの安全面は

男性

投資家保護を比較

国内FXと比べて海外fx口座比較すると、海外FXの方がレバレッジがかけられる倍率が大きいため極端な話1億稼ごうと思ったら、海外FXを利用した方が最短で到達することができます。しかし、簡単にうまく行かないのが投資です。ハイレバレッジをかけられる分、海外fx口座比較すると日本国内口座よりも損失をするスピードも速いです。ハイレバレッジは魅力ですが、損失する金額の大きさも考慮すると海外FX口座は不安という人もいますが、ゼロカットど導入している業者が海外には多いので、預けた資金以上に損失が発生することがなく国内と海外fx口座比較すると最大で損失する金額は海外口座の方が抑えることができます。次に、投資家保護の観点から国内と海外fx口座比較すると、日本国内は金融庁の規制、監督を受けています。代表的なのがレバレッジ規制です。規制の目的は、ロスカットが機能せず多額の損失を抱える、顧客の損失が証拠金を上回ることへで業者の健全性に影響が出る、投資ではなく投機になる、こういったことを防ぐ目的で金融庁が規制しています。しかし、海外口座は金融庁の規制が及ばないため投資家保護が徹底しているとは言い難い状況なのです。トレーダーは順調に利益を上げていたとしても、FX会社が倒産してしまった場合、預けた資金はどうなってしまうのか、海外業者によって全額信託保全、一部信託保全、分別管理など異なります。自己責任となってしまう部分もあるので、このようなことに注意しながら業者を選びます。

Copyright© 2018 海外fx口座比較を参考にする【サービス内容を確認】 All Rights Reserved.